②国際機関ICRPは2029年に環境防護を含む新基準を公表予定です

「ヒト以外の生物種」を対象とした環境防護の規制基準について、ICRP国際放射線防護委員会のクレア・カズンズ主委員長は、『2029年に「ヒト以外の生物種」の環境防護規制基準等の主勧告を公表する』と表明しています(2020年11月20日IAEAの国際会議にて公約)。

※2020年11月20日IAEAにおけるICRPクレア・カズンズ主委員長の表明時の資料
https://www.iaea.org/sites/default/files/20/12/rasa2020-cousins.pdf#page=29

ICRPは、2007年主勧告においては、ヒトに対する防護基準によってヒト以外の生物種は危険にさらされないと考えているとしてしましたが、2021年5月にPub.148を発表するなど環境防護に関する勧告を7つ発表し続け、「ヒト以外の生物種」を対象とした環境防護に関する評価ツールが全て出揃ったことから、ICRP内のタスクグループで環境防護の議論を本格化させ、2023年にはタスクグループでの取りまとめを発表し、2029年に環境防護を含む新しいICRP主勧告公表に向けて作業する方針に転換しています。

※原子力規制委員会・原子力規制庁が放射線審議会で報告した環境防護に関する情勢資料
https://www.nsr.go.jp/data/000356710.pdf#page=10

コメント

タイトルとURLをコピーしました