①現在の規制基準は環境防護そのものを対象としていません

現在の放射線防護の国の規制基準は「ヒト」のみを対象としていると、以下のとおり、原子力規制委員会・原子力規制庁が認めています。

現在の規制基準においては、人を防護の対象としております。
(2021年5月21日原子力規制委員会原子力規制庁長官官房放射線防護グループ放射線防護企画課回答)

つまり、現在の国の規制基準は、「ヒト以外の生物種」、つまり環境そのものを防護の対象とはしていません。
なお、現在の「ヒトを防護対象とする規制基準」については、UNSCEAR、IAEA、ICRP等の国際機関は、広島・長崎の原爆被害者のデータを基礎にしていることは、専門家の間では周知の事実です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました